FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝 落合中日ドラゴンズ セ・リーグ連覇!!

●祝 落合中日ドラゴンズ!セ・リーグ2連覇!!


昨日、中日ドラゴンズがリーグ優勝を果たしました。

8月ごろまでは、とても優勝できるなんて、思っていませんでしたが、
まさかこんな形で優勝するなんて。

全く打てない試合ばかりで、本当にイライラしっぱなしだったのに。

ただ、優勝したからってことではないですが、
落合監督なら、このままではないだろうなぁという期待はどこかにありました。


「落合、あかんわぁ」って言いつつ、でも「落合なら」と言う期待が。



●問題解決に必要な分析からの仮設設定

落合監督としては、チーム状態が低迷している時期に、
8月、9月、10月にどんな展開になるのかの予測がある程度あったのではないかと思えます。


これを可能にするのは、やはり自分たちの能力や状態の分析と、
他チームの状態の分析の深さによるものだと思います。


経営における問題解決もしかりですね。

自分たちの問題や課題、能力や環境を把握し、同時に外部環境を分析し、
そこから仮説を立てて、検証していく。

その基本を徹底して行なうことが成功への鍵なのです。


以下、8年前の落合監督1年目のキャンプのときに書いたブログです。


落合ドラゴンズの連覇を祝して(?)ここに転載しておきたいと思います。
2004年2月2日の記事です。

まだ「コーチング」が世の中にあまり認知されていなかった時代ですね。



●「落合博満的コーチング」(2004年2月2日の旧ブログ記事より)


今日の日本経済新聞スポーツ欄に中日の落合新監督が

「(キャンプ初日の紅白戦の結果を受けて)おれの予想をはるかに超えていた。
何をすべきか知っている。大人、プロだということ」と語っていたと書いてありました。


これは私の勝手な推測ですが、
落合監督は意図的に選手へのメッセージとして
「彼らは大人だ、プロということだ」といっているんだと考えています。


人は、「相手に持ってもらったイメージを壊したくない」という心理が働きます。


例えば、「やさしい人」というイメージを持ってもらっていれば、
周りの人にやさしく接して、そのイメージを壊さないようにするでしょうし、
「よく気がつく人」と思われていれば、そのイメージを壊さないように、きめ細かく振舞うでしょう。


「明るいやつ」だと思われていれば、自然に明るい自分を演じてしまっているはずです。



イメージを持たれている本人はそれほど意識的に行動はしていないでしょう。


ほとんど無意識的に行動をしてしまっているのではないでしょうか。


ちなみに、皆さんは周りの人が皆さんに対してどんなイメージを持っていると思っていますか?
きっと、そのイメージに沿った行動をしていると思いますよ。

それと、「あの人に頼まれた仕事はしっかりやるけど、
この人から頼まれた仕事はいい加減」なんていう相手によって仕事をしたりしなかったり、
そんなこともこんな心理があるからこそなんでしょう。


自分のことを「仕事ができる人間」と評価してくれている人の前では
しっかりと仕事をするでしょうし、
逆に「できないやつ」と評価してくる人には、
それなりの仕事しかしなくなっているはずです。


落合監督が、選手のことを「大人」と評価すれば、
選手達はその評価(イメージ)を壊したくないと思って、
「大人」の振る舞いをしていくでしょう。

ここでいう「大人」とは人からの指示や命令で動くのではなく、
自分で何をすべきかを考え、
自分で組織として正しい行動を実践していける人のことを指すのだと思います。


中日の選手はきっと、日本一になるために今自分は何をしたらいいかを
自らが考えて自発的に行動していることでしょう。

今年の中日ドラゴンズは去年までのドラゴンズとは大きく違いますよ、きっと。


企業の中で上司が部下をどう評価しているか、
部下はきっとそれなりの行動を取っているはずです。

上司は勝手に「部下はできるやつ」と思い込んでしまってもいいのかもしれませんね。


(今年、中日が優勝して、「やっぱりコーチングはすごいぞ」って話題になれば、
来年はコーチングが一気にブレークするかも?忙しくなったらいいなぁ~)
スポンサーサイト

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

意外に難しい、問いかけるということ。

●人材育成で大切なこと。でも・・・

昨日、組織風土の活性化支援で伺った会社でのこと。

テーマは、「OJTでの人材育成をいかに行うか」。

オリジナルのワークを盛り込みながら、進めて行きました。

その中で、人材を育成するために、ということで以下のことを強調しました。



「OJTで、教育をしていくなかでも、

ただ単に『こうして、ああして、次にこうして』とやり方を伝えるだけではなく、

考えさせるために『問いかけ』を増やそう。

先輩や上司が、問いかけて考えさせることが人材育成には、非常に重要』。



が、しかし、この問いかけるということが、

従来指示命令ばかりをしてきた先輩や上司には、

なかなか難しいのだなぁということを実感。




●なぜか違和感があるんです


どう実感したかというと、こんな感じ。


OJTのロープレの場面でした。

私:「作業をし終えた後輩や部下に、やってみてうまくいったこと、
   
   いかなかったこと、さらに、その原因を問いかけることで、

   言わせてみましょう。

   そうすることで、経験から学ばせることができるようになります。

   まず、『自分なりにしっかりできたと思えることはどんなこと?』って聞いてみて!」


先輩社員:「はい、分かりました。
   
    (かなりはにかみながら)

     『えぇ~、では、○○君、今作業を進めてみて、
 
    しっかりやれたことと、やれなかったことを挙げてみてください』


あれ?

「挙げてみてください・・・?」


これって、問いかけ、じゃないですよね。

「挙げてみてください」であれば、これは指示です。


確かに、部下から返ってくる答えは同じかもしれません。

確かに、考えさせていることにはなるかもしれません。



でも、でも、なぜかそれが指示であって、

質問じゃないことに違和感があったんです。


何でしょう?この違和感。



●疑問文が言えない


いつも、指示をしている人にとっては、「問いかける」ことが

できなくなっているのかもしれません。


「問いかけ力(りょく)」は、上司の人材育成力には必須の力だと思っていますが、

意外にも、日本語として疑問文を口にすることが難しいという状況があるのかもしれません。


ちょっとした気付きでした。



●やっぱり問いかける癖付けを!


人材育成する立場の人は、

やはり「気付いた点を挙げてください」と指示命令系で言うのではなく、

「どんな気付きがあった?」と疑問形を言えるようにしたほうがいいでしょう。


なぜなら、問いかけて考えさせる癖をつけてほしいから。
   

難しくても、少しずつでもいいから問いかけられるようになっていきましょう。

問いかける癖をつけることで、コミュニケーション力も、問題解決力も

人材育成する側もされる側も高めていくことが出来ます。     



社内研修のご案内

管理者の面談力を高める講座~上司の面談力を高めれば、部下は劇的に伸びる!

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

ちょっと思い出して仕事で使ってみたイチローの言葉

以下は、2004年5月に書いた記事。


ちょっと思い出したので、久しぶりに仕事で使ってみました。

やっぱり、イチローってすごいなぁ。





先日の日曜日(2004年5月23日)、あるテレビのスポーツニュース番組で、
シアトル・マリナーズの選手が地元シアトルの小学校に招待されて、
小学生と触れ合うという場面が紹介されていました。

イチローが所属するシアトル・マリナーズは今年、非常に調子が悪く、
5月23日の時点で14勝28敗、リーグ最下位の成績でした。


その中でのイチローの話。

イチローがアメリカの小学生に向かって、語りかけます(日本語でしたが)。


「マリナーズは、今、たくさん負けています。
でも、マリナーズがこれから勝っていくためには、この負けが必要なんです。」


イチローのゆるぎない信念が感じられる力強い言葉でした。

決して、地元の子供たちを期待させておこうとか、
かっこいいこといってやろうとか、そんな軽い気持ちなど微塵も感じさせない、
信念に裏付けられた自信に満ちた表情でした。



このイチローの言葉を聞いたとき、
「そうかぁ、こんな風に考えられるからイチローは成功したんだな。
これこそがイチローの成功哲学かも。」と思ったのです。


と、同時に「よ~し、俺もやったるぞ!」という、なんだか勇気が沸いてくるのを感じました。
私にとっては、それぐらいインパクトのある言葉だったのです。


もう一度、イチローの言葉を書かせてください。


「マリナーズは、今、たくさん負けています。
でも、マリナーズがこれから勝っていくためには、この負けが必要なんです。」


このイチローの言葉の「負け」を「失敗」に、
「勝つ」を「成功」に置き換えて、主語を「私」にしたらどうでしょうか?



「私は、今、たくさん失敗しています。
でも、私がこれから成功していくためには、この失敗が必要なんです。」


いかがでしょう?


なんか、めちゃくちゃ勇気が沸いてきませんか?


イチローのような大打者であってもたくさんの失敗をしているでしょう。

というよりも、きっと普通の人たちよりも、ずっと多くの失敗を体験しているはずです。


しかし、イチローの場合は、失敗をしても、それをただ失敗で終わらせていないのだと思います。

失敗から学び、どうすれば次はうまくいくのかを考え、実践しているのではないでしょうか。


イチローにとっては、
「失敗は失敗ではなく、成功につながる礎」と考えているのだと思います。


そういう意味ではイチローの頭の中には失敗という概念はないのかもしれません。

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

営業マンはこの問いかけができなければ、売上は上がらない!

2011年6月8日の日経MJより


婚礼各社が、今、力をいれているのが、「質の高いウエディングプランナーの育成」。

結構披露宴での参列者の減少、少子化で婚姻件数自体の減少が背景にある、とのこと。



その中で、ノバレーゼのプランナー佐藤希理子さんが紹介されていた。

彼女がもっとも気を配るのが、披露宴を作り上げていく打ち合わせ。


以下、日経MJより引用

「満足度の高い結婚式とするためには、

『新郎新婦のイエスマンになるのではなく、
なぜそうしたいのか探ったうえで提案することが重要』と強調する。


ある時、担当したカップルが披露宴で定番のキャンドルサービスを希望した。

しかし、その目的は招待客とふれあい、たくさん写真を撮ることだった。

そこで提案したのがデザートをビュッフェ方式で自由に選んでもらう演出。

『会場を暗くするキャンドルサービスより写真が撮りやすく、
多くのゲストと話せる』と説明し、採用された。」

以上


お客様が「こうしたい、ああしたい」というその背景を探って、より良い提案をする。

ある意味、営業の基本中の基本。

でも、これが意外にできていない営業マンって結構いるんじゃないかと思う。

(実は、私が営業マン時代のことを思い返しても、出来ていなかったなぁと恥ずかしくなる)



お客様の背景を探る問いかけは、ズバリ、
「なぜ、そのようにしたいのですか?」だ。


「なるほど、○○さんとしては、このようにされたいんですね。
ひとつお伺いしてもいいですか?
なぜ、そのようにされたいのでしょう?
そこをお聞きできれば、何かより良い提案が出来るかもしれません。
是非お聞かせください。」


これが言える営業マンかどうかで、顧客満足度も売上も結果は大きく変わってくる。


<PR欄>

営業マンの商談力を上げる

今よりも10倍喜ばれる営業マンになる研修




営業トライアングルで売上をあげる!
営業トータルコンサルティング

http://ui-kpc.com/index.php?go=y1oO6h

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

誰もが、みんな評論家!人のことはスッゴく気づく。

先日、こんなことがありました。

昼食のために入った飲食店が、いまひとつ流行っていないお店。

その日の夜、友人といった飲食店が、ずいぶん流行っていて、お客さんでいっぱいのお店。


一日にうちで、これだけのコントラストを見るのはなかなか興味深いものでした。


それぞれに、「やっぱりなぁ」という理由が見つけられるものです。


流行っていないお店は、

「店員の『いらっしゃいませ』『ありがとうございます』の声が小さい」

「床がなんとなく、汚い。入り口のマットが黒ずんでいる」

「トイレの蓋が壊れている」・・・。


逆に、流行っているお店は、

「店員さんの笑顔がいい」

「商品について、こだわりを店員がちゃんと説明できる」

「なんといっても料理がうまい」などなど・・・。


で、思いつきました!


飲食店の店長さんもしくは社長さんが、店員を連れて、
流行っているお店と、流行っていないお店に行く。


で、そこで、食事をしながら、「なぜか?」を考えさせる。


そこで出てきた意見を持ち寄り、「自店に生かすにはどうしたらいいか?」を考えさせる。


いいお店だけではなく、悪い店にも行く。


人って、他人の悪いところはよく気づきますから。
評論家になってどんどん出てくるはずです。


他店のよい点、悪い点を見て、
店員さんがお店を改善するためのアイデアを出すためのヒントにするのです。


こんな取り組みで、店員さんのモチベーションも集客力も高まるはずです。

ちなみに、夜行ったお店はココ スペイン料理の店。相当おいしいです。

バル イスパニア

バル・イスパニア


店長さんです。笑顔がイイ!

バル・イスパニア



<PR欄>

『ごく一部の人しか知らない 飲食店が儲かるミーティングの開き方』

http://ui-kpc.com/index.php?go=6KvTev

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。