スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活躍の場を作ってあげる~吉本興業 大洋社長

2011年4月28日 テレビ東京「カンブリア宮殿」より。


今回のゲストは、吉本興業社長 大洋(おおさき・ひろし)氏。


吉本興業がこれだけ成功している裏には、大氏の「若手芸人の活躍の場を作る」戦略がある。


ダウンタウンがまだブレイクする前のこと。

なんば花月は、子供からお年寄りまで幅広い層が来て楽しむ場だった。

しかし、ダウンタウンの笑いは、そこでは通用しない。

ダウンタウンから「大さんは、わしらのことオモロイって言うてくれんのに、なんでわしら売れへんの?」と
言われた大氏は、「心斎橋筋2丁目劇場」をオープンさせ、ダウンタウンの感性が活かせる場を作る。

その後のダウンタウンの活躍は、衆知の通り。


番組内で、大氏が言っていた言葉。

「こう言ってしまっては身も蓋もないんですけど、
売れている師匠についた弟子とか、立派な生徒というか、
まじめな生徒が売れるとは限らないじゃないですか。

だから教えると言うてもですね、教えることってなにもないんですよ。

ただ、まぁその、才能のある人たちに来てもらって、
その子たちが自主的にのびのびと発表できる、練習できる、
そういう場作りを、場をどう与えるか、と言うのが、僕らの仕事なんで」。


経営者やコンサルタントができることは、やる気を与えることではなく、
やる気が出る環境を作ること、このことを改めて感じさせられた一言だった。

(経営者やコンサルタントの存在そのものが、その環境のひとつだろう。
だからこそ、経営者やコンサルタントは、社員の前で元気でいなければいけないのだと思う)


ちなみに、こんなことも言っていて、私には非常に参考になった。

会場に集まった無名の芸人が持ちネタを披露した後で。


「まぁ、面白くないんですけど、面白い人ってそういないですよね。

でも、この子達が、ネタをして、ギャグをして、あっ、この子はこういうことを面白がっているんだ、
こういうことを伝えたいんだ、って言う目で見ると、

面白い、面白くないっていう物差しではなくって、そういう目で見ると全部興味深くというか、
楽しく見られるんで、僕はそういう見方をしているです」。


なるほど、人に興味を持つことで人間関係は築かれていく。
その興味を持つための一つの視点だろうと思う。


スポンサーサイト

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

不安を抱えながら、コツコツコツコツ飽きもせず・・・。

2011年4月4日にNHKで放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」から。


今回登場のプロフェッショナルは、デザイナーの水戸岡鋭治氏


水戸岡氏は、列車のデザインを主に手掛け、斬新なアイデアで高い評価をされている。


そんな水戸岡氏も40歳ごろまでは、思い通りの仕事ができずにいた。


以下、番組中で水戸岡氏が語っていた示唆に富む素敵な言葉。

(久しぶりに茂木健一郎氏と住吉アナが登場してた。
やっぱりプロフェッショナル仕事の流儀といえば、この二人なんですけどねぇ~)



茂木健一郎氏:「40歳ぐらいまで15年近く自分の思いと違う気持ちで仕事をしていたわけじゃないですか。
         そのときどんな気持ちで仕事を続けていたんですか?」


水戸岡氏:「うん、あの、頑張れば、一生懸命に何かやっていれば、
        いつかは報いられるんじゃないかということは子供の頃から教えられていて。
        
        いきなり何か宝くじが当たるように人生変わるわけじゃない。
      
         だからただコツコツコツコツ飽きもせず、こんなことで将来どうなるんだろうと思いながら、
         一生懸命絵を描いてましたね」


なんだか勇気をもらえる言葉ではある。

ただ、私ももう既に今年で46歳、あんまり悠長なこと言ってられないなぁ~。



茂木健一郎氏:「車輌のデザインはある意味人間関係のデザインでもあるってことですね」

水戸岡氏:「公共空間ですから、知らない人と同じ空間を共有するわけですから、
        知らない人の生活を知るとか、知らない人を認めるとか、もっとも大事なコミュニケーション、
        対話をするための空間ですね。

        公共空間をどれだけコミュニケーションを取れる空間にするかは、
        その国の意識の高さなんですね。
   
      だから公共の仕事をしているし、公共がもう最高の贅沢にならないと
      いい子供達は育たないと思っている。」


これは激しく同意。

今の電車の中を見ていると、公共の空間ではなくなっている感がしてしまう。

公共の空間で、コトバではなくてもどれだけコミュニケーションが取れるかは、
人間の成長に大きく影響してくる気がする。



最後にもうひとつ。

水戸岡氏:「デザイナーは公僕。人のためのことを簡単に諦めてはいけない」

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

考えること、差別化することへの執念~未来工業 山田相談役

昨日(2011年1月20日)テレビ東京で放映された「カンブリア宮殿」から。

ゲストは、未来工業山田相談役


山田相談役の話は、講演会で聞いたことがあり、
「ぶれない信念を持った人」、「人と違うことをすることに執念を持った人」という印象があったが、
今回の番組を見て、改めてその思いが強化された。


経営者に必要なのは、徹底的なしつこさなんだろうと思う。



山田相談役が番組の中で言っていたこと。

「未来工業は、4人から始まった。そのとき相手は何万人だよ。
同じものを作って、どちらが売れるか。

これはもう間違ったってブランドが売れるじゃない。

そのときに「これを使ったらものすごく簡単に使えるなぁ」、「安く使えるなぁ」、「早く使えるなぁ」
というような工夫をしたい。

その工夫を未来工業では差別化という言葉で使うけどもね。

要するに工夫なんだよ」。


「一番大事なことは、会社っていうのは、要するに給料払うんだけども、
給料ってのは、会社が払うんじゃない。社長が払うんじゃない。

てめえで分け前もらう、稼いだ金を。

稼がなかったら自分達の分け前が減る。

分け前いらなかったら、サボっていいよ、こうなるわけよ。

分け前ほしかったら、いろいろ考えて頑張れや」。


未来工業の社是は、「常に考える」。


これを徹底的に浸透させて、行動につなげるために、あらゆることをしつこく行っている。

「考えるため」に残業しない、「考える癖をつけるため」に紙などの節約を徹底する、
「考える癖をつけるため」提案1件に対して内容問わず500円を支給する、などなど・・・。


以下は、番組内での社員の言葉。

「考えることを訓練する。
それを癖にするとですね。いざというときに早くいい結論を見出すことができるようになる。
他の人には見えない部分が見えてきたりするんでしょうかね」。



こんな組織を創出する支援をしていこう、改めて心に誓うことができた。

(ちょっとだけPR!

差別化は、中小企業の常套戦略。

その差別化を図るには、社員一人ひとりが考えることが大切。

その考える風土を作るプログラムがあります。

組織風土はパソコンでたとえればOS。
どんなに新しい戦略、戦術を載せてもOSが古ければ機能しない!

組織風土変革6ヶ月プログラムはこちらから→http://ui-kpc.com/index.php?go=7P4lQd



最後に、山田相談役の話を聞いていると、
どうしてもビートたけしの顔が浮かんできてしまうのは、私だけだろうか?


追伸:
番組内で紹介されていた「カンブリア流経営のキーワード」

・社員にやらされ感がない
・現場社員が自立し、判断
・ノルマ、残業なし
・徹底的な効率化
・「ないモノがない」品揃え

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

客数にこだわる!お客様の数は世の中で支持されているかのバロメーター~あさひ社長 下田進氏

昨日(2011年1月13日)テレビ東京で放映された「カンブリア宮殿」から。

ゲストは、自転車製造販売チェーンを展開するあさひの社長、下田進氏。


下田社長がこだわるのは、売上でも、利益でもなく、客数。

売上は、客数(新規客+既存客のリピート)×客単価(商品単価×買上数量)で表される。

そのうち、客単価ではなく、あさひでは客数にこだわるとのこと。


なぜなら、客数とは、自社が支持されているかどうか、つまりは世の中で必要とされているかどうかの
バロメーターになる指標だから。


その客数を増やすために、あさひが取り組んでいることとして以下の4つが紹介されていた。


①ピカピカの床
 自転車のタイヤが映り込むぐらいにピカピカに掃除をする。

②ピカピカの自転車
 陳列されている自転車も徹底的にきれいにする。

③独創的レイアウト
 そのひとつとして、隙間なく自転車を並べる。

④迅速な作業ピット
 お客様をお待たせしない。



これらについて、下田社長が語っていたこと。


「ただ自転車が一番きれいな美しい状態で、見ていただきたかったと。

だから、私達は、どちらかと言うと、階段みたいな形で陳列するんですけども、
自転車の横のカラーも形も一目でですね、分かるような、そういう陳列の仕方をしている。

まぁ、とにかくそうですねぇ、自転車がこれだけ楽しいんやと、
わくわくドキドキするような楽しさを店にも、こう表現したかったし、

そして社員も知識・技術をしっかり身につけて、それが自身となってね、お客にも
笑顔で対応できる。親切に、フレンドリーに。もうそこの一点ですね」。




客数にこだわる場合、ややもすると安易に「値下げをして、お客を呼ぼう」と言う発想に
なったりするものである。

が、あさひの場合は、あくまでもお客様視点に立ち、お客様に喜んでもらうには、
どうしたらいいかを徹底的に考えることで、客数を伸ばそうとしている。


下田社長の、「お客様の要望には、何事もまず『イエス』から入ってくれ、と言っている」との
言葉にもよく表れている。


ただ、言うは易しで、この考え方をお店の一人ひとりにまで浸透させるには、
本当に地道な努力をされているに違いない。

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

120%の準備が自分を支える~吉田都(バレリーナ)プロフェッショナル仕事の流儀

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」


バレリーナ 吉田都氏を見て。

「120%の準備が自分を支える」


私が中小企業診断士の資格を取ろうと勉強していたころ、
一緒に勉強していた年上の人に言われていたことがある。

「120%の準備をしておいて、初めて本番の試験で100%の力が発揮できる」。


100%精一杯頑張ったというレベルでは、本番では思ったほどの力を出せない。

精一杯やったと思ってからあと20%プラスする。

これが大切なんだ、と。


先日、ある営業担当の人に聞いた。

私:「今、新規開拓のために、毎月がんばって4件、訪問してるよね。
   どう?自分として、何件までなら増やせそう?というか、増やしたい?」

営業担当:「そうですね。今、あれもあって、これもあって、4件が精一杯って感じです」


これは、準備という話ではないが、同じだと思う。
(成果を出すための努力を、成果を出すための準備と考えればいい)



自分が精一杯と思う20%アップの努力をして、本当に自分が望む成果が出るのではないだろうか。

いや、ひょっとすると自分が精一杯と思う1.5倍から2倍がんばって、初めて成果が出るのかもしれない。

先の営業担当者も、やっぱり6件~8件訪問して初めて、成果が出るはず。


この壁を破る支援をするのがコンサルタントの仕事なのだろう。

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。