FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できる上司はいわない言葉。

司馬遼太郎の「城塞(上)」より。

城塞は、豊臣家が徳川に滅ぼされる「大阪の陣」を題材にした歴史小説です。

そのなかに、こんな一節があります。

豊臣家家老の大野修理(おおのしゅり)が、軍略・政略の補佐役、小幡勘兵衛(おばたかんべえ)に
豊臣家を裏切った片桐且元(かたぎりかつもと)をどうするか、
相談する場面でのことです。

(ちなみに、小幡勘兵衛は、実は徳川方の間諜(スパイ))


(小幡勘兵衛が)
「ここはおとなしく退去させておしまいになるのが上分別と申すものでしょう」
というと、修理はうなずき、

「わしもそうおもっていた」
と勘兵衛の案の尻馬に乗った。修理のくせであった。勘兵衛がいくら妙案を出しても、

―――ああ、そのことはわしも気づいていた。
と、いう。

勘兵衛の案を採用してくれるのはありがたいが、返事はかならずそのひとせりふがつく。

すこし構えている。勘兵衛のみるところ、古往今来のよき大将はとは、配下に意見を出させると、
そのことを大将みずから考えてはいても、

「何兵衛、よう気づいた」

と大ほめにほめるものなのである。であればこそ配下の者どもは智恵をしぼって策を考え、
それを上申することをよろこぶ。

修理のようでは、よく幕僚はできまいと勘兵衛はひそかにおもったが、しかし勘兵衛は
みずから構想することに芸術的なまでの衝動とよろこびを感じているため、
修理がどうであろうと、思いついたことは今後もすべて修理に話すつもりであった。

以上



う~ん、確かにこんな上司、周りにいませんか?
上司だけでなく、部下でもこんなタイプの人いますよね。

上司が一生懸命アドバイスをしても、
「あっ、それはもうやってます」とかっていう。


上司であれば、やはり部下からのアイデアをうまく拾い上げ、
自分の頭にあったことでも、

「なるほど、そういう案があるか、おもしろい!」ってぐらいいえてもいいんでしょうね。

もしどうしても、これは無理というのであれば、

「なるほど」ぐらいをいって、

「それなら、さらにこうしてみるといいんじゃない・・・」と
自分の考えを付け加えてもいいでしょう。


ところで、なぜ、大野修理のように、
こうして人の案をさも既に考えていたかのようにいうのでしょう?

自尊心の低さによるものかもしれません。

上司の場合でいえば、
部下が考えられた案を自分は考えられなかっとなったら、自尊心が傷つくわけです。

もともと自信があって、自尊心が高い人は、これぐらいのことで傷つきません。
スポンサーサイト

テーマ : 対人コミュニケーション
ジャンル : ビジネス

項羽と劉邦に見る上司像の比較検証~仕事を任せられるかどうか

私が好きな司馬遼太郎の小説「項羽と劉邦」にこんな一節が出てきます。

項羽が、劉邦との戦いが長引く中、劉邦の家臣韓信(かんしん)に
同盟を結ぶための使者を送るシーンです。


韓信は、敵である項羽との同盟を結ぶよう使者に説得されますが、
深く考えることなく「否」と答えを出してしまいます。

その時の使者と韓信のやり取りが以下の通り。

(使者)「私は項王のおおせを畏(かしこ)み、千里の道をこのようにしてやってきた。
であるのに、一考もせずに即座にお断りになるとはどういうわけだ」

「理由(わけ)か」
韓信の感情がにわかに激してきたことが、
その大ぶりな横顔に散るように血色がひろがったことでもわかる。

「私は、項王がきらいなのだ」

「きらいとは、これは婦女子のような言葉を」
(使者の)武渉(ぶしょう)も、狼狽している。

「なぜお嫌いなのです」
武渉のことばが、丁寧になった。

「私を用いなかったからです」

韓信は、自分が楚の軍営にいたとき、身分は郎中(ろうちゅう)にすぎず、
しごとといえば宿衛のときの番士にすぎなかった、といった。

「進言、献策、一つとして用いられたことがない」

「項王がお忙しかったからでしょう」

「当時、忙しかったのは、項王だけではない」
敗者にちかい漢王はそれ以上に多忙だった、と韓信はいう。

「では、漢王については、如何(いかん)」
武渉は、問うた。

「好きです」

「理由は?」

「私を用いてくれたからです」

以上

組織において、特に自分の能力を高く信じている部下にとっては、それ相応の役割を任せないと、
リーダーに対して貢献の意欲は低くなります。

またチームに対する貢献意欲も低下していきます。


ちなみに、韓信はめちゃくちゃできる部下です。将軍として、ずば抜けた力を発揮します。


仕事を任されること、これが部下にとってやる気を高め、
チームへの貢献意欲を高めるポイントになります。

また、なぜその役割を任せるのか、その部下の長所と期待とを挙げて、伝えてあげられるといいでしょう。


追伸
ご存知のとおり、劉邦が漢の高祖となりますが、
その後、何かと劉邦の嫁さんから韓信は因縁をつけられ、
最終的には斬首の刑に処せられるんですよねぇ~。

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

范増の生き方~過去には興味なく・・・(項羽と劉邦から)

司馬遼太郎の「項羽と劉邦」。

その上巻にでてくる私の好きな一節をご紹介します。


范増という「項梁・項羽」の軍師として仕えた老人に関する一節。

「項羽と劉邦(上巻)」より


「范増という。
歳からいえば、老翁といっていい。が、仔山羊のように澄んだ目と小さな顔、細い手足を持ち、素早く歩き、
物に感じてはあらわに驚き、あるいは怒り、ときに滑稽を感ずると笑いがとまらないというあたり、
少年のようでもある。

かつての楚の時代、他郷に出て小役人をしていたともいわれ、また楚の貴族の食客をしていたともいわれるが、
少年期がなおもつづいているような范増自身、自分の過去に何の興味もないらしく、語ったことがない。

かたくななところがあるが、歳のせいではない。

「節儀のせいだ」
と范増はいつもいう。

節儀とは亡楚への義で、
「范増とはなにか、楚の遺民である」
と自分を規定している。


「范増の志とはなにか」

楚がふたたびおこるのをこの目で見たいということだ、
と范増はいう。

その心根の象徴のようにして、この老人はいつも楚人冠(そじんかん)をかぶっていた。」

以上

好きな理由は、なによりもこれです。

①「自分の過去に何の興味もない」

ってこと。

なんか歳を取ると自分の過去のことばかり話したがったりするのではないかと思うのです。

こんな范増のような老人になりたいものです。

その他

②自分自身が何者かを規定している。

③歳をとっても志を持ち続けている。

素敵ですよね、こんな生き方ができたら。

それと、
④楚人冠

これは、自分自身の規定と目標・目的を忘れないようにするための手法として
見習うべきことですね。

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

項羽の伯父項梁の人を判断する基準

司馬遼太郎「項羽と劉邦」(上巻)より。

普段の何げない言動って、意外に人から見られていて、それがその人の評価に
つながっていくということってあると思います。

普段から特に人との調和というのは気をつけていないといけないなぁと感じる今日この頃です。

そんな一節を司馬遼太郎の「項羽と劉邦(上巻)」より紹介します。

項羽の伯父項梁が、呉の町で地元の有力者的立場になり、
人の葬儀などを取り仕切る役を果たしていたときの話。


「有力者が死んだ場合の大きな葬儀になると、項梁は一軍の総帥のように奥深く陣どり、配下を指揮した。

滑稽なことだが、こんな暮らしの項梁にもいつのまにか多くの配下ができていた。
葬儀のときにはかれらをひきつれてゆき、能に応じて仕事させた。

葬儀ごとに、あらたな人材を発見した。

(この男は百人ぐらいの長になれる)

と思うと、とくに目をかけ、さまざまなことを教えてやった。

人というのは、とりどりに出来ている。最初は人目をおどろかすほどに華やかな才を持った男のようにみえても、そのうち、

(あれはただ人目をひくだけの才で、とても多数の人間を統御できない)
となると、項梁はその程度のあつかいにしてしまう。

後日譚(ごじつたん)になるが、項梁が旗揚げしたとき、葬式や労役の現場で育てたり目をつけたりした右のような連中を能力に応じて役につけたが、選に洩れた者がいた。

その某なる者が、なぜ私をお軽んじになるのです、と苦情をいってきたとき、

「あなたは、ずっと以前、なにがしの葬式のときのことを憶えておられるか」

と鄭重にいった。あのとき公(あなた)をしてこういう役につけたが、それをあなたはうまくやれなかった、だからこのたびの任用から外した、というのである。

この某は能力よりもむしろ人との調和のうまくゆかない人物だったのであろう。

賭博的な挙兵をするとき、個々の指揮官の能力の上下はさほど重要ではない。

それよりも団結のほうが肝要で、そのことに害がありそうな人間はあらかじめといのぞいておく。

この一事でも項梁という人間がどういう男かがわかる。」


以上

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

家康に学ぶ、「天才じゃないからこそできる思考法」

昨日、懇意にしている社長と久しぶりに食事をする機会がありました。

よく話をされる社長なんで、こちらとしても聞いていて非常に勉強になることが多いです。

その中で、つい先日読んだ司馬遼太郎の「関ヶ原」に出てくる一節を彷彿とさせる話がありました。

こんなことを話されていました。

「今日、会議が合ったんだけど、私の場合、まず社員に話をさせるようにしている。
まぁ、私はアホだからさぁ、自分で意見をどんどん言うより、
社員が話しているのを聞いて、考えたほうがうまくいくんだよね~」


「おぉ!社長、それ、ついこの前読んだ「関ヶ原」での徳川家康の話にぴったりですよぉ~。

家康が、会津の上杉景勝と直江兼続を倒すという名目で軍を上げるときの話なんですけど・・・」


以下は、司馬遼太郎の本を引用します。(「関ヶ原」中巻)

 家康は、すぐ内々の軍議を奥の一室でひらいた。
 内々、といえばいつもの顔ぶれであった。正信老人のほかに、井伊直政、本多忠勝、平岩親吉。
といった連中である。

「攻め口と、部署をきめよ」

と家康はかられに言い、自分は脇息(きょうそく)をひきよせ、体をなかば横たえた。

「わしに遠慮をするな。わしはここでそのほうどもの論議をきいている」
家康は、目をつぶった。家康はもともと天才的な冴えをもった男ではない。自分の独断を信ずるより、
一同の賢愚さまざまの意見をききながら自分の意見をまとめてゆくという思考法をとってきた男だ。

幕僚たちは家康のそういう思考法を知りぬいているから、互いに大いに論じはじめた。

こんな光景は、しごく家康的といっていいい。かれよりもさきに天下をとった信長や秀吉の場合にはあまりなかった。

幕僚たちは、一枚の絵図面を中心に討議した。会津上杉領の地図である。
山河と城々が、そこに彩色されて描かれている。

やがて討議が尽きるころになると、家康はやおら体をおこした。

家康の決断と、その表明がはじめるのである。そうと察した祐筆が、すばやく筆をとりあげた。

家康は、しゃべりはじめた。祐筆が、流れるようにそれを筆録してゆく。

喋りおわると家康は、
「どうだ、異論があるか」
と、さらに幕僚にきく。幕僚たちは家康の意見を基礎にもう一度論じ、最後に家康が結論をくだす。それでおわる。
合議主義、というよりもこれが家康の思考法なのであった。


以上


決して、食事を一緒にした社長が天才でないとは言いませんが、

こういう経営会議を行える社長もいいのではないかと思います。

ポイントは、意見は聞くけど、最終的に意思決定をするのはやはりトップって言うことですね。

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。