FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオリーチング!? 微生物でレアメタルをとりだす!

2009年10月30日 ワールドビジネスサテライト
                「資源小国に本を変えるバイオ力」より

http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/

現状①
鉄鉱石・銅などの鉱物資源の獲得競争が激化している。

なぜなら(原因)
中国・インドなど新興国での需要が急拡大

現状②
質の良い鉱山の開発が困難になっている。
(残っているのは質の低い、処理の難し鉱石ばかり)

なぜなら(原因)

イギリス、アメリカなどの非鉄メジャーが買収・吸収合併でシェア拡大し、
質がよく、量の多い鉱山を独占的に開発
(寡占状態)

       

日本の目指すべき姿
・安定した資源の確保・供給→資源外交を有利に進める

       

その姿を実現するために(課題)
バイオリーチング
=微生物によって金属を抽出する
 (川の底の泥などにいる微生物は体内に金属そ取り込む性質がある)

 <付加価値>
 ・微生物の体内で金属がなのレベルに加工される→触媒として使えるレベルに細かくなる

 <特徴>
 ・熱や化学物質を使わず短時間で金属を回収可能


宇井コメント:

人間が開発する技術ってすごいですが、それよりもすごい能力を
微生物や昆虫、動物、植物ってもっているのですね。

それらの能力を活用できるようにすることが、今後の技術の大きなテーマかもしれません。

以下、ワールドビジネスサテライトを見ながら、メモしたものです。
資源小国に本を変えるバイオ力



スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

「禿か?」「いえ、禿ではございませぬ」

先日、ある企業で「新入社員フォロー研修」を行ってきました。


半年前には、“新入社員”で、仕事をすることに不安ばかりの彼らでしたが、
半年間仕事をしてきて、仕事の楽しさや辛さを語れる“社会人”となっていました。


その「新入社員フォロー研修」で「報告・連絡・相談」に関して話をした際、
司馬遼太郎の本からの一節を紹介しました。

「国盗り物語」第3巻に出てくる一節です。

ちなみに、国盗り物語は、
「美濃の蝮(まむし)」と呼ばれた斎藤道三と織田信長が主人公の歴史小説です。


以下、斎藤道三が織田信長に面会を求める使者を送った際の一節。


「なに、美濃から蝮の使者がきたと?」
と、信長はいった。

「どんなやつだ」

「堀田道空と申し、美濃の山城入道さま(斎藤道三)のご重臣でございまする。
お頭が、まるうござりまする」

「禿か」

まだかぞえてハタチの信長は、妙なところに関心を持つらしい。取次ぎの者が、
(禿であろうとなかろうと、どちらでもよいではないか)
とおもいながら、

「いえいえ、毛を剃っておりまするゆえ、禿ではございませぬ」
「その頭は、青いか」
「青くはございませぬ。赤うござりまする」
「そちは馬鹿だ」
と、家来をにらみつけた。
(馬鹿はこの殿ではないか)
と家来が恐れ入っていると、
「聞け、赤ければ、その頭は半ばは禿げておるのだ。
なぜ、半ばは禿げ、半ば毛のあるところを剃っておりまする、と申さぬ」

(あっ、道理だ)
と家来は感心したが、ばかばかしくもあった。どちらでもよいことである。

「よいか、そちはいくさで偵察(ものみ)にゆく、
敵のむらがっている様子をみて、そちはとんでかえってきて、
『敵がおおぜいむらがっておりまする』と報告する。
ただおおぜいではわからぬ。

そういうときは『侍が何十人、足軽が何百人』という報告をすべきだ。

頭一つみても、ただ『禿でございます』ではわからぬ。
おれはそんな不正確なおとこはきらいだ」

以上

新入社員の人たちには、報告する時には、
ちゃんと事実を事実のまま正確かつ具体的に伝えることが大事」と話をしました。


ちなみに、この信長の部下(家来)、そのあと即刻クビでした。

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

インフルエンザで学校閉鎖、そのとき、売れるものとは?

私が住む春日井市は、いま小中学校で
新型インフルエンザによる学校閉鎖、学年閉鎖が相次いでいます。

それと相まって、春日井市ではあるものが品薄す状態になっているそうです。

なんだと思いますか?






「漢字学習帳」

です。

どこの文房具店にいっても、なかなか手に入らないとのこと。


もし、文房具店が、「学校閉鎖が多くなっているから、きっと漢字学習帳が売れるぞ」
って考えられていたら・・・。


実際には、そんなにうまくは考えられないでしょう。


しかし、「風が吹けば桶屋が儲かる」ではないですが、

何かの事象を捉えて、それがこの先どこにどのような影響を及ぼすのか、

を常に意識する訓練をしておくことも大切だなと思うのです。

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。