スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デフレにどう立ち向かうか!?~白川日銀総裁

2009年12月21日のワールドビジネスサテライトに日銀の白川総裁が出演されました。
             

http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/


日本を苦しめているデフレの問題に関し、日銀総裁の立場で話をされていました。

以下、白川総裁の話をまとめました。

<デフレの現状>

世界的に言うと、日本が特にデフレ傾向が強い。

消費者物価の変化を「日本」、「米国」、「ユーロ圏」で比較すると、
(総合指数の平均前年比%)

     80年代    90年~97年   98年~02年 

日本  2.5        1.5        △0.2
米国  5.6        3.3        2.5
ユーロ 5.3        3.0        1.9

となる。


<デフレの原因:なぜ、デフレになっているのか?> 

白川総裁曰く、「3点挙げられる」。

①内外格差の是正
 ・流通合理化で、以前は盛んに言われていた内外価格差が是正されてきた。
 ・流通の規制緩和などが進んだ。
  ↓
  その結果、衣料品などの価格が低下した。

②雇用確保を優先
 ・賃金よりも雇用を優先させ、労働者が賃金低下を受け入れている。
  ↓
  その結果、労働集約的サービスの価格低下が起こっている。

③バブル崩壊後の不安感
 ・バブル崩壊以降、将来の成長への期待感が日本国民に取り戻せていない。
  ↓
  その結果、消費者の需要が伸びない。

 ※白川総裁は、「③のバブル崩壊儀の不安感が払しょくできていないことが、
  現在のデフレの根本原因」と指摘していた。


<デフレ対策:では、どうしたらいいのか?>

今まで・・・

「量的緩和」と「ゼロ金利」
   ↓
  低金利
   ↓
企業と人がお金を借りやすく
   ↓
 民間の経済活動を下支え


白川総裁:「資金を企業へ潤沢に供給することで、金融システムの維持・安定に貢献できている」


今後は・・・

①経済全体の需給バランスの改善を図る
②迅速果敢な量的緩和でデフレスパイラルを未然に防ぐ

白川総裁:「低金利による海外への資金流出よりも、経済活動の下支えを優先させる」


<白川総裁の提言>

企業も個人も「稼ぐ力」を高める必要がある。

そのためには、
企業の成長政策として、

 ①国内制度の見直し→グローバルな経済環境に対応する
 ②労働力、生産設備の経済支援→ニーズの高い分野に円滑に流れるようにする
 ③社会的セーフティネットの整備

個人レベルでは、
 
 ①チャレンジ精神の醸成
 ②将来に悲観的にならない。根拠なき悲観主義でも、根拠なき楽観主義でもダメ。






 


スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

ビジネス・コーチング研修でのある出来事

先日(2009年12月5日)、とある企業様で「ビジネス・コーチング研修」の講師を行ってきました。

受講者は10名ほどでしたが、皆さん、非常に前向きな方々でした。

部下や周りの人とのコミュニケーションのヒントを得たい、という気持ちが伝わってきました。

その研修の中で、私が上司役になり、部下にコーチングをするというデモンストレーションを行いました。
そのことについてお話をしたいと思います。

ちなみに、部下役の方は受講者の中から1名選抜させていただきました。

テーマは、あまり詳しくは書けませんが、ビジネス上のことではなく、
その受講者の方(男性)のプライベートの問題でした。

一言でいえば、「成長した子供との付き合い方」って感じです。

もう少しだけ詳しくお伝えすると、あることで、ついついきつく高校三年生になる娘さんを
叱ってしまったことがあったそうです。

それ以来、娘さんが口をきいてくれなくなってしまった、それを今後どうしたらいいだろうか、
という問題(悩み)でした。


その問題をコーチングを通して、解決策を考えだそうというわけです。


コーチングですから、上司役の私から「こうしなさい、ああしなさい」「こうしたほうがいい」などの
アドバイスはいきなりはしません。

そもそも、私には18歳になる子を育てた経験もありませんので、実体験としてのアドバイスはできません。

経験はなくても、考えを促すコーチングはできるんです。


で、そのコーチングを通して、その方が出した結論は、

「家に戻ったら、成長した一人の人間として、娘に向き合うことを意識し、
でも、よそよそしくならないように今まで通りの雰囲気で話しかけてみる」

ということ。

研修はその日一日でしたので、その後、どんな結果になったのかは分かりませんでした。
が、先週の金曜日(18日)にその方からメールをいただき、その後の結果を知ることができました。

いただいたメールの一部を下記に掲載します。

 記

「自宅に帰り、すぐ宇井さんにいただいたアドバイスを生かし、娘に接すると
なんと宇井さんがおっしゃっていたように、何のわだかまりもなく以前のように
会話が出来るようになりました。ほんとにありがとうございました。
これからは、こどもではなく一人の大人として認め、尊重し接していこうと思ってい
ます。」


以上

何とも嬉しいですね。本当によかったと思います。

ただ、ひとつだけ誤解のないようにお伝えしておきますと、
コーチングでしたので、アドバイスを一方的にしたということではありません。

受講者の方本人の考えを引き出しながら、
それを促すためのアドバイスを少しだけした、ということです。


私にも8歳の娘と5歳の息子がいます。

私にとっても、子供の成長ってこういうこと何かなと、考えさせられるいい機会をいただけました。


(本記事及びメールの内容のブログへの掲載は、受講者の方に了解をいただいています。)

テーマ : 対人コミュニケーション
ジャンル : ビジネス

マラソン大会1周年

東浦マラソン大会に参加してきました。

走った距離は10kmです。(東浦の大会は10kmが最長)

友人と2人で参加してきました。

東浦マラソン


こうしたマラソン大会に参加するようになったのは、ちょうど一年前のこの大会が初めてでした。

記念すべき1周年というわけです。


東浦は、アップダウンが結構あって、なかなかしんどいコースです。
カーブも結構多いし。


記録は、公表できませんが、昨年の大会よりは、4分ほど縮まっていました。
(といっても、昨年は初めての大会でもありましたし、
2日前に食あたりになっての参加でしたので、体調不良の中での記録ではありますが・・・)

ま、とにかく記録よりも、こうした大会に出続けるってことを目標にしたいと考えています。


ただ、こうして参加し続けるのも、一人ではなかなか気持ちが高まらない気がします。
やはり一緒に参加してくれる友人がいてこそです。

本当にこうした仲間がいることに感謝したいと思います。



しかし、元気なおじいちゃんっているんですよね。

よたよた走ってて、絶対の私のほうが速いように思えるんですが、
そのおじいちゃんに追いつけないんですよねぇ。

ちなみに、この大会の最高齢者は83歳の方でした。

私も80歳ぐらいまで大会に出続けたいですね。



テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。