スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての屈辱・・・。

いやぁ~、悔しいです!

一昨年から各地で開催されているマラソン大会に参加しているんですが、
8大会目にして初めて、完走できませんでした・・・。

犬山で行われた読売ハーフマラソン。


朝から雨がかなり降っていて、どうなるかと思いましたが、
スタート時にはすっかり雨も上がり、走っているときは全く影響ありませんでした。

むしろ、晴天で暑いぐらい。


なぜ、完走できなったのか?

たぶん、準備運動の不足・・・。

(というよりも、準備運動を全くせずに走ってしまった・・・)


朝からの雨で会場のグランドは水浸し状態。
ぐちゃぐちゃ、泥だらけで、とても準備運動ができる状態ではありませんでした。


いつもなら4km過ぎぐらいからは、ペースがつかめるのですが、
今回は、全然ダメ。
全然足が動かない。足が前に出てる感覚がない!
同じ場所で足踏みしてるぐらいの感じ。

走りながら、思いだしたのは、中日ドラゴンズ谷繁選手の言葉。

「年をとっても、準備運動をしっかりすれば、若いころと同じような動きがまだまだできる。」

う~ん、身に染みました。


ちなみに、本大会には、中京テレビの女性アナウンサーの方々3人も参加されていました。

そのうちの一人、鹿内アナとは、3年前にとある仕事でお会いしたことがあります。

途中、1km少し前の地点。
偶然、3人の方が走っているのと一緒になりました。

「鹿内さん、こんにちは!久しぶり!」
「あっ、こんにちは!」
  
(3年前に会ったきりでしたが、ちゃんと、覚えてくれていたんですねぇ~。嬉しかったです。
水谷アナと大違いだ。
いや、待てよ、実は、だれだったかなぁ、と考えながら、話し合わせてくれてたのかもしれない。今気づいた)

「鹿内さん、ハーフに出るんじゃなかったの?」
(事前のニュースでは、たしか“女性アナウンサー、今年はハーフに挑戦!”ってことだったので、
10km部門で会えるとは思っていなかったんです)

「走ってるんですか?」
「走ってますよ!今年、5大会目。じゃあ、先行くね!」


って、手を振りながらかなり余裕で横を通り過ぎて行きました。

が、その後、2km過ぎぐらいだったか、
私の右後方の視界に、テレビカメラが。

(あれ、ひょっとして鹿内さん?)

すぐに横に並ばれ、

「し、鹿内さん、はっ、速いじゃん!」

「雨上がってよかったですねぇ」
「ホントよかった」


とりとめのない会話を二言三言交わして・・・。
鹿内さんのほうが、よっぽど余裕じゃん!

「いつも、テレビで活躍ぶりを拝見してますよぉ」
っていいたいのに、こっちは、もう「ハァ、ハァ」いってて、全然言葉にできない。

鹿内さん、余裕で私の横を通り過ぎて行きました。

鹿内さん、また来年お会いできるの楽しみにしてますよぉ!

次回は、3月28日の「豊橋穂の国マラソン」で初めてのハーフに挑戦。
今度はしっかり調整して臨みたいと思います。
今回の雪辱を晴らすためにも。

犬山マラソン【読売】



スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : ビジネス

大須商店街、店舗見学

今日は、大須商店街の店舗をマーケティング的観点で見学してきました。

1人で行ったわけではなく、中小企業診断士の仲間で行っている
「コーチング&ファシリテーション研究会」の一行事として行ってきました。

大須観音

大須観音1

大須観音2


4店舗、見てきました。

その後、会議室に入り、メンバーでマーケティングの観点から分析をしたわけです。

(もちろん、ファシリテーションの研究会ですから、
ファシリテーターを立て、ちゃんとファシリテーションのスキルを使っての分析です)


「お客様は、どんな人たちを対象にしているのか?」

「競合はどこか?」

「それぞれの店舗の強みは?」「その強みが生み出せているのはなぜ?」

などなど・・・。


改めていうまでもありませんが、
競合店にしろ、自社の強みにしろ、

“ターゲットとなるお客様をだれにするかによって変わる”

というのはマーケティングの基本中の基本ですね。

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

部下を好きになる

本日、ある会社の課長さんと食事をご一緒させていただきました。

その課長さんとは、2006年に、名古屋市中小企業振興センターで開催した
半年間の管理者育成コースにご参加いただき、それ以降懇意にさせていただいています。

その方から、伺った話を一つご紹介したいと思います。

「以前は、部下の好き嫌いがあった。

好き嫌いがあると、どうしても部下育成の偏りが出てしまう。

そうなるとこちらにもストレスだし、部下にとってもマイナスになる。

今は、その好き嫌いがなくなって、部下育成を楽しめるようになった。

好き嫌いで部下を見ないようにするために、実践したのは、

部下のいいところを見て、それを伝えたこと」。


ありがたいことに、その課長さんからは、「管理者育成コース」に参加したからこそ、
こういうことができたといっていただけました。

まぁ、内容的には部下育成の本には必ず書いてあるようなベタなネタではあります。

が、大切なのは、それを実践したということ。

実践の重みを改めて感じさせてもらえました。

テーマ : 対人コミュニケーション
ジャンル : ビジネス

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。