FC2ブログ

営業マンとして必要なひとこと

本日は、とある企業向けの「営業マン研修」の打ち合わせをしてきました。

担当者との話のひとつをお伝えしたいと思います。

ある程度打ち合わせも終わって、ちょっと雑談的に、

私:「売れる営業マンと売れない営業マンって何が違うんでしょうね?」

担当者:「そうですねぇ。言うべき一言が言えるかどうかじゃないですかね。
   たとえば、お客様に『この商品がいいですよ』っていえるかどうか。
   クロージングとして、『うちでいきましょう!』っていえるかどうか。
   それが言える人は売れるし、言えない人は売れないんじゃないかと思います。」

私:「確かにおっしゃるとおりですね。一言が言えるかどうか。
   言える人って何で言えるのかなぁ。」

担当者:「『自分のため』ってのは結構あると思いますよ。
   売って、ノルマ達成したいとか、一番になりたいとか・・・。」

私:「現実的にはあるのかな。
   コンサルタントの立場から言えば、『この商品こそがお客様のお役にたてる』と思って、
   その一言を言ってもらえるといいなぁとは思いますけどね(笑)。」

担当者:「どちらもありですよね。とにかく一言が言える強さを持っている人は売れます。」


売れる営業と売れない営業の違いは、もちろん、これだけではないでしょう。

が、ひとつではあると思います。

私のクライアント先にも、
お客様に商品を積極的に勧められなくて、同僚から、
「なぜ、あそこで、食いつかない!?」っていわれている営業の方がいます。

その人には、「自分は何をする人か」その定義を変えてみましょう、ってアドバイスをしています。

「お客様に○○を通して、より良い人生を実現してもらうサポーター」

決して、物を売るのが役目ではないってことです。

物を売ろうとするといえない必要な一言も、
そうではなく、より良い人生を実現してもらうための一言と思えば、
少しはいいやすくなるのではないかと思います。

背景は何にしろ、一言のいえる強さ、を営業は身につけていきたいですね。
スポンサーサイト

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード