スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京への新幹線の窓から

本日は、打ち合わせのため東京へ出張。

東京へ向かう新幹線の窓から見えた夏空が雄大だったので、カメラに収めました。

豊橋の少し手前ぐらいでしたでしょうか。

夏空


夏の空って、なぜか見てて飽きないんですよねぇ。

これは浜名湖の夏空。

夏空


ずっと見ていたかったんですが、PCに向いメール送信。


富士山もきれいに見えるかと期待していたのですが、
メールやっていたら、全然富士山の横を通っていることに気づかず、
あれっと思ったときには、小田原でした・・・。

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

会議で話がそれる。そんなときどうしたらいいのか?!

会議で話しがそれるというのは、非常によくあることです。

話しがそれてしまったときに、もしくはそれそうになったときに、ビシッと本題に戻せたら。
本題に戻せて決めるべきこと決め、早く会議を終わらせられたら。
ダラダラと話を続けるのではなく、ギュッとしまった会議を実現できたら。

本題に戻すための手法をご紹介します。

「決めるべきことをホワイトボードに明示しておき、

話が逸れたときは『今日は、まずこれだけ決めましょう』と伝える」。



これです。
意外にこんなことができているチームって少ないんですよね。

とある事例で話しをしていきましょう。
ある町内会の会合でのことです。

話しは、今度の町内大運動会の中で行われる町内対抗リレーについて。

ある町内会の人から
「どうしても小学生の部で男子の三年生が集まらない。
女子の四年生ならいるが、女子の四年生を男子三年生の枠で走ってもらってもいいか?」と
いう話が挙がりました。

それに基づき、様々な意見が出されました。

Aさん:「そもそもなぜ年齢制限を設けているかというと~」

と、そもそも論の話が出てきたり。これは特に話が逸れているとは言えないでしょう。
そもそも論から意思決定に役立つ情報が出てくることもあります。

Bさん:「年齢制限を現行の1学年ずつでの区切りではなく、
    1~2年、3~4年、5~6年と2学年ずつ幅を持たせてはどうか?」

こんな提案も出されました。

ここでこの提案についての議論をし始めてしまっては話しが逸れることになります。
ここは本題に戻す必要があります。

その時には、ホワイトボードに書いているテーマをリーダーが示しながら、
「アイデアありがとうございます。今日のところは、本年度の特例として、
このことを認めるかどうか検討しましょう」と伝えます。

このような提案ならまだ、話が大きく逸れていく感じはないかもしれません。
かなり話し合うべきテーマの範疇と言えます。
が、こんなケースです。


Cさん:「リレーで毎年、大人も子供も転ぶ人がいますよね。
    あれ危ないんですよ。もう少し安全に走れるようにしないといけないのではないですか?」


こんな話が出てくることはよくあります。
こんな提案に引っ張られて、ではどうしたもっと安全に走られる、
なんてことが議論されるようになってしまったら、

完全に話が逸れたことになります。

こんな会議ではいくら時間があっても足りません。
ダラダラと時間ばかりが過ぎていく感がメンバーの間で募ってしまい、
モチベーションも下がってしまいます。

こんなときも、ホワイトボードに書いてあるテーマをリーダーもしくは議事進行役が示してください。

「女子の4年生が男子3年生枠では知る特例を認めるか?」

そしてこう伝えください。「今日のところは、まずこれについて答えを出しましょう」と。

なお、一つだけ注意が必要です。

話が逸れるきっかけになりそうな意見や発言をないがしろにしないということ。

事例で言えば、「学年の枠に幅を持たせては?」「安全に走れるようにするには?」。

これらをないがしろにしていると、今後意見がほしいときになかなかでなくなってしまいます。

なんでもいいから話をしてほしいと言われても却下される恐れが生じてしまいます。

ですから、ないがしろにせず、「今後の検討課題」として、

ホワイトボードの下のほうでも書いておいてください。

これだけで自分の意見がないがしろにされず尊重されたという安心感は得られます。

この安心感が会議の活性化、さらにはチームの活性化に必要なのです。

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

多度峡天然プール~悲しすぎる看板

今日は、家族で三重県の桑名市にある「多度峡天然プール」へ。

初めて行きましたが、なかなか楽しめました。

川を生かした天然のプールってことでしたので、
もっときれいな水かと思っていましたが、
意外に濁ってました。

透明度0.5mぐらい。

マスクして潜ってもほとんど見えない。

まぁ、大勢の人が入っているので仕方がないでしょうけど。

多度峡天然プール



少し上流のほうへ行くときれいな水が流れてました。

しかし、これほど無視される注意看板も珍しいかも。

多度峡天然プール

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。