FC2ブログ

「お客様に今より10倍喜ばれる営業パーソンになるセミナー」~春日井商工会議所

昨年11月1日、2日、8日、9日の4日間×3時間で、春日井商工会議所にて開催した

「お客様に今より10倍喜ばれる営業パーソンになるセミナー」に

ご参加いただきました方々からの声です。

(昨日、春日井商工会議所に伺ったら、アンケート結果を頂きました。
ですので、セミナーからはずいぶん日が経っていますが、本日の掲載とさせていただきます。)


中津川包装工業株式会社 宮田泰暢さま

ロールプレイやディスカッションなど、参加型の講義で意欲的に学ぶことができたと思う。
仕事の都合で1回欠席してしまったが、わかりやすかった。


●株式会社O S.Oさま

仕事時間外の方が受講しやすいので、良かったです。(一人事務です)
一日3時間は長いと思いましたが、実際に受講してみると案外長く感じませんでした。
内容はなるほどと思うことが多く、自分が営業活動を受ける立場で思い出したときに
当てはまることが多々ありました。


●株式会社O K.Kさま

大変勉強になりました。


●株式会社O K.Tさま

営業スタイル、ストーリーを拝聴させていただき、ありがとうございました。
活用したいと思います。


信興エレックス株式会社 H.Kさま

営業マン1年目で何を基本にしてよいか分からず、今日勉強したことを下に伝え、
自分でまず実行したいと思います。宇井先生の説明が実践を交えた分かりやすい説明で分かりやすかったです。


●株式会社U T.Tさま

ロールプレイが多くて他の会社の参加者の考え方を学ぶことができ、大変参考になりました。


中部事務機再販 浅井勝さま

開催のタイミング、時間、期間ともに大変助かります。(昼間の勉強は出席しづらいため)
講義の内容、ボリューム、期待全てにおいて大変満足しております。


有限会社ケイアンドケイ 河合寿伊奈さま

スキルがついた。モチベーションが上がった。分かりやすかった。

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

考えること、差別化することへの執念~未来工業 山田相談役

昨日(2011年1月20日)テレビ東京で放映された「カンブリア宮殿」から。

ゲストは、未来工業山田相談役


山田相談役の話は、講演会で聞いたことがあり、
「ぶれない信念を持った人」、「人と違うことをすることに執念を持った人」という印象があったが、
今回の番組を見て、改めてその思いが強化された。


経営者に必要なのは、徹底的なしつこさなんだろうと思う。



山田相談役が番組の中で言っていたこと。

「未来工業は、4人から始まった。そのとき相手は何万人だよ。
同じものを作って、どちらが売れるか。

これはもう間違ったってブランドが売れるじゃない。

そのときに「これを使ったらものすごく簡単に使えるなぁ」、「安く使えるなぁ」、「早く使えるなぁ」
というような工夫をしたい。

その工夫を未来工業では差別化という言葉で使うけどもね。

要するに工夫なんだよ」。


「一番大事なことは、会社っていうのは、要するに給料払うんだけども、
給料ってのは、会社が払うんじゃない。社長が払うんじゃない。

てめえで分け前もらう、稼いだ金を。

稼がなかったら自分達の分け前が減る。

分け前いらなかったら、サボっていいよ、こうなるわけよ。

分け前ほしかったら、いろいろ考えて頑張れや」。


未来工業の社是は、「常に考える」。


これを徹底的に浸透させて、行動につなげるために、あらゆることをしつこく行っている。

「考えるため」に残業しない、「考える癖をつけるため」に紙などの節約を徹底する、
「考える癖をつけるため」提案1件に対して内容問わず500円を支給する、などなど・・・。


以下は、番組内での社員の言葉。

「考えることを訓練する。
それを癖にするとですね。いざというときに早くいい結論を見出すことができるようになる。
他の人には見えない部分が見えてきたりするんでしょうかね」。



こんな組織を創出する支援をしていこう、改めて心に誓うことができた。

(ちょっとだけPR!

差別化は、中小企業の常套戦略。

その差別化を図るには、社員一人ひとりが考えることが大切。

その考える風土を作るプログラムがあります。

組織風土はパソコンでたとえればOS。
どんなに新しい戦略、戦術を載せてもOSが古ければ機能しない!

組織風土変革6ヶ月プログラムはこちらから→http://ui-kpc.com/index.php?go=7P4lQd



最後に、山田相談役の話を聞いていると、
どうしてもビートたけしの顔が浮かんできてしまうのは、私だけだろうか?


追伸:
番組内で紹介されていた「カンブリア流経営のキーワード」

・社員にやらされ感がない
・現場社員が自立し、判断
・ノルマ、残業なし
・徹底的な効率化
・「ないモノがない」品揃え

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

北なごやマラソン~中日大島選手に感動

今日は、家族で北なごやマラソンに参加してきました。

私は、10kmに出て、
かみさんと娘(小3)、息子(年長)は2.5kmジョギングを走ってきました。

寒かった~。

北なごやマラソン

スタート前から雪が結構降っていて、走っている最中も、横殴りの雪、向かい風の雪と、
かなり辛い状況でのランニングとなりました。

大会自体は、こじんまりとした大会ではありましたが、子供達の参加も多く、ボランティアの人たちが
すごくしっかりされていて、気持ちよく参加できた大会でした。

完走後の豚汁も全然並ばずに食べられたし。


それと、中日ドラゴンズの大島選手がゲストで来ていました。
(子供達の参加が多かったのはそのせい?)

北なごやマラソン大島選手


開会式では、ちょっとしたトークショーがありました。

雪の中、外で待たされて、ホント大変だったと思いますが、嫌な顔一つせず、
受け答えをしていました。

その姿にも感動しましたが、もう一つ感動したのが、
大島選手が、小学生の野球少年の質問に対する受け答え。


北なごやマラソン大島選手


司会:では、他に質問ある人!

とある野球少年:はい、はい!

司会:はい、じゃあ、一番前の子!

とある野球少年:どうしたらそんなに打てるようになるんですか?

大島選手:そうですねぇ、僕はシーズン中でも、毎日最低でも200回から300回はバットを振ってます。
     君は、毎日バットを振ってますかっ?

とある野球少年:はい、毎日振ってます!

大島選手:その努力を続けていけば、将来、きっと打てるようになります。



努力を続けていければ、将来、きっと成果は出る。

それをどれだけ信じて、努力を続けられるか。結局はそれなんだろうと思う。

大島選手の話を聞いて、気持ちが引き締まる思いでした。
グッとこみ上げるものがありました。


きっと野球少年の心にも届いたのではないかと思います。


私も、こんなふうに人の心に届く言葉を伝えられ、人の行動によい影響を与えられる、
そんな人間になっていこう!


それと、1年前春日井マラソンで3kmをヘロヘロになって、かみさんに手を引かれながら走っていた息子が、
今年は、かみさんよりも早くゴールしていたことにも感動。

娘も、かなり根性出して走っていたとのこと。

いい一日でした。

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード