FC2ブログ

動かない若者を呼び込め!

2010年3月22日 TV東京「ワールドビジネスサテライト」より


現代の若者は、携帯電話やゲームにお金を使うために、
旅行やレジャーにはあまり出かけないそうです。


もし、あなたが旅行会社など旅行関連の会社に勤める人なら、
どんなアイデアで、これらの若者を外へ連れ出しますか?


●現状(問題点)

若者が、ケータイ、ゲームにお金を使う。
旅行離れが起こっている。


●目指す姿(目標)

若者を屋内から屋外へ!


●対策

ゲームに「屋外へ出るメリット」を付け加える!

例①
ケータイ国盗り合戦
 600の地域を実際に移動し、制覇していくというゲーム。※GPS機能を使って登録する。

 このゲームに「屋外へ出るメリット」を付加!

 地方のお店で買い物をすると、ゲームの「限定アイテム」がもらえる。
 ※レシートのバーコードを読み取ることによって、入手できる。

例②
 「コロニーな生活☆プラス
 
 このゲームも、地域の店で買い物をすると、ゲーム上で限定アイテムが
 もらえるカードを入手できる仕組みを導入。

若者曰く、「ゲームのために旅行をしている」とのこと。

ただ、ゲームのためではありますが、旅行の楽しさも知ったとのことでした。


宇井コメント:

バーチャルなゲームの世界とリアルな世界とを結び付けて、
新たなビジネスが生まれています。


何かと何かを結び付けて新たなアイデアを生み出す。

いわゆる「強制関連法」という発想法ですね。

遊び感覚でいいので、日頃から何かと何かを結び付けて、新たなものを生み出すという
発想法の訓練をしておくといいですね。


強制関連法:
アメリカのチャールズ・ホワイティングが考え出したもので、
一見、関連のない二つのものを強制的に関連づけていきながら、
アイディアを生み出していくテクニック。


以下、WBSを見ながら書いた図です。

若者を外へ

スポンサーサイト



テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード