FC2ブログ

自分の役割を定義する

遅ればせながらですが、2月9日にNHKで放送された
「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました。

今回のプロフェッショナルは、定時制高校の教師、岡田倫代氏。

岡田さんは、さまざまな事情を背負い定時制に通う生徒一人ひとりに
ゆっくりと向き合いながら、心を開いていく、そんな高校教師。


その中で、印象に残ったのは、学校を次のように定義していること。

「(この学校は)心を癒し、自信を取り戻す場所」。

そして、自分自身の役割をこう定義していたこと。

「(生徒一人ひとりが)自分の感情をストレートに出せるように支援するのが私の役割」。


職場とはいったい何をする場所なのか、自分はその場所で一体何をする存在なのか?

これがしっかりと定義されていれば、「ぶれない軸」が出来上がるのだと思います。


ちなみに、岡田さんにとっての「プロ」とは、

「「自分の役割」って人にはあると思うんですけれでも、
真摯に課せられた役割を果たしていく人で、
そしてそのための努力を決して惜しまない人だと思います」

とのことでした。


定時制の高校に通く子の多くは、

「俺なんか、私なんか」と、自己肯定感が他の子に比べて、
低い。

その自己肯定感を高めるためには、「自分が人の役に立っている」ことを
感じさせるのが必要。

自分が人の役立っていると感じられることが、自信を取り戻すことになり、
それが生きていくうえでの糧になる。

そんなことも言っていました。
スポンサーサイト



テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード