FC2ブログ

使命を感じるとは・・・

昨日は、弊社が主催しているチームビルディング研究会の第7回の会合がありました。

5社の経営者、管理者の方々に集まっていただき、
チーム力を高めるためには、どう考え、どうしたらいいのか、
意見交換をしました。


その中で、出てきたのが、「使命感」という言葉。

「使命感を持って、仕事をする!」「うちの会社の使命(ミッション)は、○○だ!」
など、使命という言葉は、以前よりも頻繁に使われるようになった気がします。


では、この「使命感」とは何でしょうか?


私は、こう考えています。
(現時点でのことであって、今後、考えが変わる可能性はありますが・・・)


天が、このことをやらせるために、自分を地上に使わしめた。

天が、これをやらせると任命したのは、自分だけであって、他の人には決してできない。

だから、やりたいとか、やりたくないとか、自分の意志は関係なく、

やらざるを得ない。


と感じてしまう。

少々大げさな言い方に感じられるかもしれませんが、
使命を感じるとは、こんなことなのではないかと思うのです。


司馬遼太郎の「竜馬がゆく」第6巻にこんなシーンが出てきます。


薩摩での新婚旅行を終え、長州に向かう船上での
新妻おりょうとの会話。


「長崎で、家をもちたい」
と、おりょうはいった。小さな借家を借りるほどの金は竜馬にはあるだろう、とおりょうはいった。
「もっと、楽しみたいんです。だって、夫婦ってこんなものじゃないでしょう?」
「家ぐらい、持ってもよいな」
言いながら、竜馬は悲しかった。天下を住まいとし三界に家をもたず、というのが坂本竜馬の信条だったではないか。

「借りてくれますか」
「借りるとも。なあに、家賃ぐらいわずかなものだし、長崎では市中きっての富商小曾根英四郎と懇意だから、
上陸したその日に家ぐらいはみつけてくれるだろう」

「月琴の先生も見つけてくれる?」
「おれがか」

竜馬は内心うんざりした。やることが山ほどあるかれにとって、おりょうのために月琴の先生を見つける奔走まで
やらされてはたまらない。が、すぐ陽気な気分になり、
「見つけてやるとも」
といった。

「しかしおりょう、おれはしょっちゅう、その家に居るわけにはいかないぜ」
「なぜ」
「なぜって、お前」
「夫婦じゃありませんか」

「そりゃあわかっているがな。お前の亭主は一種人間でない男かもしれないぜ」
「人間でない?」
うらァ、天がおれを、この地上の紛糾をおさめるために降した―と自分をそのように思いはじめている。
おれがいなければ日本が潰れらァ


「思いあがり」
「だな。しかしそうとでも思いあがって居ねば、こうは飛びまわれんわい。勝先生も
西郷も桂もそう思っているようだ。女とはちがって、そこが男の滑稽なところだが」

以上

まさに「使命感」を短い文章で表している名文だと思います。
スポンサーサイト



テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード