FC2ブログ

「もう、○○しかないです」って、その言葉に注意!

先日、営業のコンサルティングで伺った会社でのことです。

そこの営業マンと話をしていると、この「しかない」という言葉を多用するのです。

「時間かけてやるしかないですね・・・」

「優先順位つけるしかないですね・・・」

などなど。


司馬遼太郎の「竜馬がゆく」第8巻にこんなシーンが出てきます。

竜馬が「大政奉還」の案を土佐藩後藤象二郎に打ち出した後、
竜馬と同じく、土佐藩脱藩人で、倒幕に東奔西走する中岡慎太郎が、
竜馬に「大政奉還」の真意を質すために、竜馬に会いに来ます。


「竜馬、刀にかけて聞きたい」
中岡慎太郎は、ひらきなおった。

「おおげさな」
竜馬は急に背をまるめ、くすくす笑った。かねがね中岡慎太郎のこのいちずさが、
たのもしくもあり、ついつい滑稽にも感じてしまうのである。

「なにがおかしい」
「お前(まん)の顔がおかしい。人間、そう面をひきつらせてものをいうものではない」

「いやなやつだ。すぐ茶化す」

「冗談ではない。おれはかつてものごとを茶化したり人を茶したことはなかった。
それだけがおれの取り柄だ」

「竜馬、聞け、おンしゃ、まともに幕府を倒す気があるのか」

「そのために命を曝してきた。返答の必要はあるまい」

「しからばなぜ、大政奉還などというあまい手を打ち出す。
しかもまやかしの、出来もせぬシナ手妻を。―竜馬、言うちょくが幕府は砲煙のなかで倒す以外にないぞ」

「しかない、というものは世にない。人よりも一尺高くから物事をみれば、道はつねに幾通りもある」

以上



私も、この「○○しかない」という言葉はきらいです。
意識して、使わないようにしています。


「○○しかない」と言っている多くの場合、
考えたくないというか、考えてない、思考停止になっている状態だと思うのです。

竜馬の言う通り、「この世にこれ以外に解決策がない」なんてことはありません。
(まぁ、たまに極端な事例であれば、はそん時もあるのかも知れませんが・・・)

先述の会社だけでなく、この言葉はよく聞きます。

「仕入先に、納期を早めてもらうしかないですね」

「トップダウンで、上から言ってもらうしかないですよね」

「競合より値段下げるしかないでしょう」

などなど。


言葉は、心の状態を表すといわれます。

「○○しかない」と言っていないかどうか、これから自分でチェックしてみてください。
スポンサーサイト



テーマ : 対人コミュニケーション
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード