FC2ブログ

「おなかがすいたなぁ」「わーい、ここにはいっぱい食べモノがあるぞ」

昨日行った「のんほいパーク」の自然史博物館。

地球の誕生からの歴史が描かれていました。

その中で、海に棲む生物が、初めて陸地に上がったのが、
デボン紀の終わり(約3億7000万年前)のこと
だったということが紹介されていました。

のんほいパーク①

なるほど、企業も結局こういうことなんだろうなぁ、と思ったわけです。

のんほいパーク②

現在の市場では、競争も激しく、十分な収益が得られない。
デボン紀でいえば、水に棲む生き物がおなかがすいている状態です。

まだ競争の少ない新たな市場に出ていけば(企業の場合は自ら作り出すことでしょう)、
食べ物がいっぱいあって、収益が得られるというわけです。


ちゃんと3Cの視点で説明がつきます。

「水から出た大きな理由は、
陸上には餌となる生物が豊富で(Customers:顧客の視点)、
しかも敵や競争相手がまだいない(Competitors:競合の視点)
住みやすい環境があったから(Company:自社の強みの視点)
と考えられています」。

Companyの自社の強みの視点はちょっと強引ですかね?


しかし、新しい市場へ進出するうえで必要になるのが、デボン紀の生物たちと同じく、
体のつくりを大きく変化させることなわけですね。
スポンサーサイト



テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード