FC2ブログ

“時代を切り拓く”、そんな想いで創りました~電動自転車 epovelo

本日、中小企業診断士の仲間で開催している研究会で、
とある企業に訪問してきました。

なぜ、その企業を訪問したのか等のいきさつは割愛させていただき、
その会社の社長(山守社長)から伺ったお話などをお伝えしたいと思います。


訪問したのは、大栄技研工業株式会社のMKT事業部が展開する電動自転車のショールーム。

名古屋の名東区にあります。

ショールームのHPはこちら→http://www.epovelo.com/company.html


このMKT事業部では、今まで全く縁もゆかりもなかった電気自転車を開発し、
今後、市場に展開をしていこうと、第一歩を踏み出したところです。

その電気自転車の名は、epovelo(エポ・ヴェロ)。

エポヴェロ


エポック・メイキング(epoch-making:時代を切り拓く)と
フランス語の自転車veloを組み合わせてネーミングしたとのこと。

エポヴェロ



電動自転車ということであれば、既に多くのものが存在しています。

なにがepoch-makingなのか?
山守社長曰く、「電動自転車といえば、主婦が乗るイメージ。もっとハイセンスな大人が
スポーティブに乗って楽しい電動自転車ってない。そんな自転車を創りたかった」とのこと。


スポーティブに自転車を楽しみたい人が、電動自転車を選ぶのか、
という疑問はあります。
(想定しているターゲットに、想定したニーズがあるのか・・・)


私も実際に試乗させてもらいましたが、

「タイヤも細く、硬いし、確かにスポーティブ。
だけど、電動自転車ではなく、マウンテンバイクでもいいのでは?
それに、自転車に乗り慣れていない人、特に女性が乗るには、若干操作性で難しさを感じるのかな」

という、そんな感じはありました。



そのあたりも、山守社長自身も自覚されていて、

「あくまでも、マーケット・イン的な商品ではなく、プロダクト・アウトで創った」

とおっしゃっていました。

だからこそ、epoch-makingと言えるのでしょうけど。



いろいろな話を山守社長から伺いましたが、その中で私が最も感動したこと。


「“小さいけれどもチャレンジしている”ってことをうちの会社の特徴にしたい。

そうすることで、若い社員にも夢を与えられる」。



この山守社長の
新時代を切り拓きたい、若い社員に夢を持ってもらえる会社にしたい、
というチャレンジ精神こそが、
この会社の一番の強みだと思います。


まだまだ販売実績は多くはありませんが、お店で働く若手の社員たちは、
何か希望に満ちた表情をしていました。

エポヴェロ



最後に山守社長がおっしゃっていたこと。

「“時空を超えた快感”を味わってほしい」。


どういうことか?

epoveloのペダルを踏み込んだ瞬間、自分がイメージしていたよりもグッと速く前に出る。

それが山守社長の「時空を超える」ということなのです。

試乗してみて、そんな感覚はありました。

確かに、「カ・イ・カ・ン」です。
スポンサーサイト



テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード