FC2ブログ

人はストーリー(物語)に魅かれて財布を開く

2010年6月22日「ワールドビジネスサテライト」より

サントリーが新たに販売を始めた「畑のこだわり」という商品をご存知でしょうか?

サントリーと農家が共同開発した「こだわりジュース」です。

「こだわりジュース」らしくネットでしか手に入らず、
また数量も限定となっています。

Webサイトを見ると、
「こだわりにこだわって、通販限定約8,500セットのご提供です」
との一文が。


この商品、マーケティング的な観点からも非常に魅力的というか、示唆に富んでいる商品です。

どんな点で示唆に富んでいるのか?

この商品を開発するまでの「ストーリー(物語)性」を伝えているという点です。

「こんな商品を作りたい」と思ったというサントリー社員の想い、
それを実現しようとして全国行脚した経緯、
農家の人たちの栽培方法へのこだわり、
などなど・・・。

こんなことがストーリーとして伝えられています。

このストーリーこそが、消費者の共感を呼び、
商品の価値への納得感につながるのではないでしょうか?

『ここまで苦労して、よく作ったねぇ、がんばったなぁ~』
『なるほど、ここまでこだわったのであれば、この値段にしないと
農家の人にも失礼だよな・・・』という。


共感と納得感があれば、購入もしやすくなるでしょう。


ただ、個人的には、「もっと苦労話や挫折しそうになった話」などを
盛り込んでもよかったんじゃないかなと思います。

HPを見ても、意外にあっさり書いてあります。


デフレの中で、農家は買い叩かれ、低価格でしか販売できない。
このままでは農家はやっていけない。
高齢化もあいまって、みかん畑も荒廃しつつある。

農家の人たちが、本当に心を込めて作ったみかんを
最高のジュースにして、消費者に満足してもらい、
農家の人たちにもやりがいを感じてもらえるようにしたい。

農家の人たちに、もっと安定した収入を得られるようになってもらいたい。

はじめは、最高のジュースをつくりたい、という思いから始まったが、
次第に、農家の人たちの窮状を知るにつれ、そんな思いが高まっていった。

しかし、何度作っても、理想の味を出せない。

農家の人たちが納得するジュースができない。

・・・。

というような。

うそは書いてはいけませんが、もう少しそんな話を入れるともっと
共感を呼ぶストーリー(物語)になった気がします。

ちなみに、ワールドビジネスサテライトでは、
そのあたりの苦労話を少し取り上げていたんですけどね。
スポンサーサイト



テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード