FC2ブログ

関西のできる営業マンの条件は敬語を使えないこと?!

先日、とある一部上場企業(製造業)での営業マン研修でのこと。


そのなかで、営業マンの基本として、「敬語」をやりました。


年代的には30代前半の方々が多かったので、教育の企画段階では、

担当者と「2年目、3年目の営業マンじゃないんだから、さすがに敬語はやめておきましょうか」と
いう話もありました。

が、教育担当の方曰く、
「たぶんできてないから、ぜひやってほしい」ということで、
こちらとしては、あまり気乗りしませんでしたが、
「敬語」を研修プログラムに盛り込むことにしました。


で、研修当日です。

決して、営業活動に支障をきたすレベルではないにしろ、担当者の言ったとおりではありました。

敬語が正しく使えるに越したことはないでしょうし、知識として持っておいて損はないでしょう。

ただ、今回のブログでお伝えしたいのは、敬語のでき云々ではありません。



敬語について話をしているときに、驚くべき事実(私にとっては)が判明したのです。

関西の営業マンが数人いたのですが、こんなことを言い出したのです。

「せんせい(関西弁ですから、せんせいではありません。“せん”にアクセントがあり、“せい”は
下がる、あのアクセントです)、
僕ら、営業のときに、敬語なんて使いませんよ。

敬語なんか使ってたら、お客さんに嫌われるんちゃいますぅ?」

えええっっっ!!

関西の営業マンって、お客さんに敬語使わないのぉぉ?

確かに親しいお客さんなれば、敬語は少なくなるかもしれません。

でも、話を聞いていると、どう考えてもそんなレベルじゃないんです。

お客さんに、「あかんてぇ~。これ、できまへん、ゆうたやないですぁ~」ってな具合らしいです。

(ゆうたなやないですかぁ、の「です」で十分敬語を使っている意識らしい)

ちなみに、その営業マンが言うには、
新入社員のころ、慶応大卒のエリートで営業にえらい苦労していた同期がいたそうです。

その理由は、ただひとつ。

「お客さんの前でまじめな話を標準語でしていたから」らしいです。

関西での成功の秘訣が分かった気がしました。

それにしても、やっぱり関西の人って面白いです。


営業マン研修(社内研修)の詳細は→http://ui-kpc.com/index.php?go=Ri9mei
スポンサーサイト



テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード