FC2ブログ

ルールを守らない部下にどう指導したらいいのか?

6月から始まった春日井商工会議所の「ワンランク上の管理者養成塾」。

期間は7ヶ月ですが、本日は、第3回目の会合。

そこで、こんなことをおっしゃる管理者の方がいらっしゃいました。


「製造工程で作業ルールを守らずに、後工程に不具合品を流してしまった。

作業ルールを守らなかったその部下を指導したいが、どのようにしたらいいのか?」


話を伺うと、

・ルールを守らなかったのはベテランの社員で、自分(管理者)よりも年上、

・ルールを守らなかった理由として、納期を優先させようと手間を省いてしまったといっている、

・何を言っても自分を曲げないかなり頑固な性格、

ということでした。


いろいろな情報をお聞きし、そのうえで、受講者の方々に
上司とルールを守らない部下役に分かれて、ロールプレイングをしていただきました。



いきなり結論的な話をここでしても、分かりづらいかとは思いますが、

会の中で、私が伝えたことを書いておきます。


このような部下に対し指導する場合、大切なこととして、以下のことをお伝えしました。


①ルールを守らない部下に対して、「こいつはルールを守らない、不具合を出した悪い部下だ」と
 決め付けて面談しないことが大切。

 「このルールを守らなかった(守れなかった)理由を徹底的に聞き出すことで、
  ひょっとすると、生産性を向上させるアイデアが出てくるかもしれない。

  この部下の失敗を生かすことができるかもしれない」ぐらいの気持ちで臨む。

②そのために、徹底的に部下に問いかけ、話を聞いていく上司の姿勢が大事。
 (能力的には、質問力とコミュニケーション力と問題解決力が必要。
  別の言い方をすれば、これらの能力があると、①が出来やすくなるってことですね)


相当に管理者として自律できないと難しいところではありますが、
意識をしていくことが大切だと思います。
スポンサーサイト



テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード