FC2ブログ

請求書の祈りと領収証の祈り~ひろさちや氏

4月14日付けで、「深いい話~感謝と誓いと祈り」と題して、
神様へのお祈りの仕方について、金城軒の小中社長から聞いた話を書いたが、
不思議なことがあるもんで、その翌日、読んだ本に、まさにそのとおりのことが書かれていた。


本は、「世間も他人も気にしない」著者ひろさちや氏。

原文の一部を掲載させていただくと、

「じつはわたしは、幼児に祖母からこう教わりました。

「あんな、ほとけ様を拝むときは、お願いごとをしたらあかんで。“ありがとうございました”と拝まなあかんのや」

中略

「きょう、どないほとけ様を拝んできたんか・・・?」
「あんな、おばあちゃん、きょうは算数の試験があんねん。そやから、百点とらしてくださいと拝んできた」
「あかんやないか。あれほどお願いごとをしたらあかん言うてあったのに。もう一度、拝み直してきなさい」

祖母に叱られて、私は拝み直します。

「ほとけ様、ただいまのお願いは取り消します。ありがとうございました」

中略

祖母の教えをわたしなりの言葉でまとめてみました。

-請求書の祈りと領収証の祈り-

仏神に「ああしてください」「こうしてください」と、人間の勝手な注文をつける祈りが請求書の祈りです。

そうではなしに、いま現在、私が生かされている現実に、「ほとけ様、ありがとうございます」と感謝の祈りをささげるのが領収証の祈りです。

以上


まさに、金城軒の小中社長から聞いた話、そっくりというか、そのまんまの話でした。

こうして、同じ時期に人から本から、自分にこのようなことが伝わってくるというのは、
私自身、人への期待ばかりが大きく、感謝の気持ちが少なくなっているからかもしれません。

肝に銘じておきたいと思います。


ちなみに、本の中では、その後、なぜ、請求書の祈りがいけないのかも書かれていました。
スポンサーサイト



テーマ : 知っておいて損はない!!
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード