スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おいしい」を数値化する~なんでも目標数値にできる?!

2011年4月20日の日経MJより。

サントリーホールディングスは「角瓶」や「山崎10年」など
主要5ブランドのハイボールが作れるサーバーを開発した、とのこと。



ハイボールは、一昨年あたりから人気が復活し、昨今では多くのお店で飲めるようになりました。

私も、このハイボールが好きで、生ビールを飲んだ後のちょっと口直し的に飲むことがあります。

ちなみに、生まれて初めて飲んだお酒は、ハイボールでした。


ハイボール



が、このハイボール、出される店によって、結構味が異なったりするんですよね。

妙にウイスキーが濃かったり、逆に、「なんじゃ?」ってぐらい薄かったり・・・。


新たに開発されたハイボールサーバーでは、このウイスキーとソーダ水との割合を最適にして、
提供できるようです。

ちなみに、「角瓶」はウイスキーとソーダーの比率が1対4。
「山崎」が1対3、「ザ・マッカランファインオーク12年」は1対3.5。


比率はサントリー商品のアルコール度数や味などを決める社内専門チームが最適と判断した数値らしく、
「ここまで正確に作るのは人間では無理」とのこと。


それと、数値化ということでいうと、液体に含まれる炭酸密度を、
従来5.3であったのを6.0に高めたらしいです。



つまり、このサーバーの強みは、最も美味しい炭酸密度と、最も美味しい割合で提供できるということ。


開発に当たっては、このもっとも美味しい数値が目標にされていたはずです。

どうしたら、炭酸密度を6.0まで引き上げられるか。
(ちなみに、炭酸密度を高めるには冷却機能の向上が求められます。)



「美味しさ」というのは、主観的なものです。

が、それでも、数値目標にすることができるわけです。



コンサルティングをしている、「それは目標にするのは難しい」といわれることがあります。


例えば、人の成長度合い、組織への貢献度合い、などなど。

確かに難しいのかもしれません。
が、「美味しさ」ですら、数値に表せるのですから、何とかならないものでもないでしょう。


本日、伺った会社でも、このようなことがありました。

ある若手社員の成長度合いを何で測るか、ということになり(もちろん、本人が考えます)、
こんな風にしました。


現場で作業していると、今は、上司から、「もっとこうした方がいい」、「まず先にこれをやれ」等と
指摘(注意?)されることがよくある。

この回数を減らすことを目標にする。

現状何回ぐらい言われているのか、1週間カウントして(現状把握し)、
その後、いつまでに、どれぐらいの数に減らすのか、目標数値を決める、と。


これで成長を測ってみる。まずは、やってみるってことが大事かな、と。

何とか頑張って、目標を明確にした上で、達成してもらいたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。