FC2ブログ

不況だからこそ、できることは?

2010年1月4日のテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」より。

http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/

「アメリカの修理ビジネス事情」

<現状>

現在、アメリカでは「修理ビジネス」が盛り上がってきている。

2009年の修理ビジネス売上高(前年比)

靴:27%アップ
コンピュータ関連:20~30%アップ


<背景>

不況により、従来の「使い捨て」から「物を大事にする」生活スタイル
変ってきている。


<具体例>

①アイポッド・ドクター
 アイポッドやパソコンなどの出張・修理サービス
 車でお客のところへ出向き、簡単なものは、車の中で修理。
 正規の修理と比べて半額以下。

②ドクター・ソファ
 従来は、家具の修理サービスがメイン。
 現在は、売り上げの8割以上が、
 「引っ越し現場でエレベータに入らない家具を分解し、部屋で再び組み立てる」サービス。

 追い風は、住宅市場の低迷。
 (住宅差し押さえ→小さな部屋に引っ越しする人が増える→今までの使っていた家具が、
  エレベータや通路を通れない→解体・組立サービス需要増)


宇井コメント:
このように不況だからこそ、売り上げを伸ばしている会社があります。
不況だから、売れないのは仕方がない、と考えてはいけません。

不況だからこそ、できること、売れることは何かと、考えるべきです。

「~だから、できない」
ではなく、
「~だからこそ、できることはなにか?」
という思考パターンが今こと必要な時代になっているのだと思います。

他にも不況だからこそ、売り上げを伸ばしている業界や会社やサービスはあるはずです。
そんなのを探して、そこからヒントを得ていきましょう!


以下、テレビを見ながら書いたメモです。

アメリカの修理ビジネス事情20100104




スポンサーサイト



テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード