FC2ブログ

雪だるま受難~組織の中でも似たような・・・。

2月7日付の日本経済新聞によれば、

「旭川冬まつりのイベント用に置いてあった雪だるま49個が壊されているのが見つかった」とのこと。

旭川中央署はいたずらとみて器物損壊容疑で調べているそうです。

詳細→FNNニュース
     山形新聞

このニュースを見た人の多くは、

「なんてひどいことするんだ!」「ひどい奴がいるもんだなぁ」

「作った人の気持ちを考えたらこんなこと出来ないよなぁ」

といった感想を持つのではないでしょうか?


私はそう感じています。


しかし、こういったことって、組織の中でも起こっているんじゃないかなと思うんです。


たとえば、誰かが、提案書を出したとします。

打合せや会議の場で、その提案書を見た他の同僚や上司が、

「ここが悪い」「あそこが悪い」

「そもそもの考え方が間違っている」

「そんなこと必要ない!」

などなど、鬼の首を取ったように上から目線で、批判をする。


こんなことって、ありませんか?


これ、雪だるまの破壊者も提案への批判者も、
相手の気持ちを考えていないという点でいえば、
メンタリティは同じようなものだと思うんですよね。


もちろん、陰で見つからないように破壊するのと、
正面から批判するのとでは違いはあるでしょう。

が、違いはその辺だけです。


提案書をつくった本人にしてみれば、一生懸命作ったわけです。

作ったことに感謝の気持ちを伝えずに、批判ばかりするのは、
作った人の気持ちを汲めていない証拠です。

いきなり批判されたら、提案した側は、「せっかく考えたのに・・・。悲しい」ってなりますよね。

雪だるまをつくった人たちも、「せっかく作ったのに・・・。悲しい」と感じているはずです。


まずは、作った人の気持ちを考える、その上でより良い方向に持っていくような意見を伝える。

組織の中でも、こうありたいものです。

スポンサーサイト



テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード