FC2ブログ

結果ばかりを追ってると・・・

昨年11月17日にNHKで放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」を遅ればせながら、見ました。

登場したプロは、作業療法士の藤原茂氏。

(今回分は、「茂木健一郎氏の質問力」ではありません)

藤原氏、脳梗塞などで心身の機能を失った人の機能回復をリハビリを通してサポートするプロ。

ただ、そのリハビリに対する考え方は、
一般的な考え方と少し違っているようです。


番組の中で、藤原氏が言っていた言葉をご紹介したいと思います。


機能回復しようしようと思って、一生懸命やる時には、全然回復がはかれない。
もう諦めていたのに、やりたいことを一生懸命やってきていくと、
気がついてみたら、おいおい、こんなに元気になっているよ



以下、HPからの抜粋ですが、

「娯楽や趣味など、「やってみたい」「楽しそう」と思わせるような活動をリハビリのメニューに盛り込む。

やりたいことに一生懸命打ち込んでいく中で、自然と体をどんどん動かすようになって、
結果的に機能の回復につながっていくと、藤原は考える」ということです。


目標はあくまでも心身の機能回復。

で、そのために一生懸命リハビリのメニューをこなす。

でも、そのプロセスではなかなか目標を達成できない。

なぜなら、そこに「楽しさ」とか「やってみたいという興味」がないから。


我々の仕事でも同じことが言えると思います。


「売上を上げよう上げようと思っているときは、上がらない。

でも、その売り上げを上げるプロセスに「楽しさ」とか「やってみたいという興味」を
加えて、そのプロセスを楽しんでいると、気がついてみたら、おいおい、売上上がっているよ」。


結果ばかりを追い求めるのではなく、そのプロセスにいかに遊び心を盛り込んで、“楽しむか”
それが組織の目標を実現するための、遠いようで近道なのです。
スポンサーサイト



テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

宇井 克己

Author:宇井 克己
こんにちは!
組織変革コンサルタントの宇井です。

「人」および「人と人との関係」を企業における最大の資源と捉え、その資源の価値を最大化するサポートと、

企業それぞれのお客さまの喜び・感動を最大限にするサポートをしています。

主なコンサルティング・研修の分野

組織風土活性化支援、
会議の生産性向上支援、
管理者のマネジメント力向上、
営業マンの商談力向上支援、
小売り・サービス業の会議改善を通した収益性向上支援、
ビジネス・コーチング導入支援、
社内講師養成支援

など

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード